ohajikinojikan|2014年05月
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事

プロフィール

Nao Otsuka(お留守番は、菜子ちゃん)

  • Author:Nao Otsuka(お留守番は、菜子ちゃん)
  • 「大塚菜生」の筆名で児童書を出版しています。
    著書:『ぼくのわがまま電池』(岩崎書店:第13回福島正実記念SF童話賞大賞受賞作)、『弓を引く少年』『どんぐり銀行は森の中』(国土社)『東京駅をつくった男』(くもん出版)など、主に小学生向けのノンフィクションや物語、ノベライズ・キャラクター本を書いています。共著に平成うわさの怪談シリーズ(岩崎書店)など。


    ★メール★ご用件★は、「こちら」からお願いします。

    サイト
    http://itigo.xyz/index.php

リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンソロジーの増刷 ☆彡

2014.05.03 07:33|お知らせ
『「頭がよくなる10の力」を伸ばすお話』(PHP研究所)の5刷のお知らせをいただきました。


頭がよくなる10の力を伸ばすお話―1話5分頭がよくなる10の力を伸ばすお話―1話5分
(2013/04)
監修 加藤純子 PHP研究所

商品詳細を見る


昨年4月に刊行されたファミリー向けアンソロジー本がまたまたの増刷とのことで反響に驚いています。
お世話になりました加藤純子先生、編集者さま、執筆の皆さま、CMしてくださった方々、そしてそして読者の皆さまのおかげです。あらためまして有難うございます。
この本は、一部の地域になりますが、生協のカタログを通じても販売されています。
直接の購入はこちらから可能です。
http://www.php.co.jp/family/detail.php?id=80797


また、岩崎書店刊「平成うわさの怪談」シリーズの最終巻(全25巻)の9刷のお知らせもいただきました。
このシリーズの1巻め『プールで死者がよんでいる』が発売されたのが、2002年の秋です。
どの巻も版を重ねて、子供たちに長く読み継がれている大人気シリーズのようです。
凄いことですよね。有難うございます。


暗闇のゲームセンター (平成うわさの怪談25)暗闇のゲームセンター (平成うわさの怪談25)
(2007/03/27)
木暮正夫 国松俊英 山本孝 岩崎書店

商品詳細を見る


大塚は25巻のほかに、9巻の『マジックショーは死のかおり』、15巻の『命を食べるおじいちゃん』
16巻の『死の国へ走るワゴン』にも、執筆参加させてもらっています。
図書館などでもぜひ手にとってみてくださいね。



追伸:このところ、おんぶに抱っこ(?)ばかりなので、単行本のお仕事もガンバリマス☆
いま、取材先でもたくさんの方々にお世話になっています。貴重なお時間を割いていただいて有難うございます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。