ohajikinojikan|『ひっこしはバスにのって』
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事

プロフィール

Nao Otsuka(お留守番は、菜子ちゃん)

  • Author:Nao Otsuka(お留守番は、菜子ちゃん)
  • 「大塚菜生」の筆名で児童書を出版しています。
    著書:『ぼくのわがまま電池』(岩崎書店:第13回福島正実記念SF童話賞大賞受賞作)、『弓を引く少年』『どんぐり銀行は森の中』(国土社)『東京駅をつくった男』(くもん出版)など、主に小学生向けのノンフィクションや物語、ノベライズ・キャラクター本を書いています。共著に平成うわさの怪談シリーズ(岩崎書店)など。


    ★メール★ご用件★は、「こちら」からお願いします。

    サイト
    http://itigo.xyz/index.php

リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ひっこしはバスにのって』

2012.01.25 16:49|ラウンジ
銀の鈴社から、季巳明代さんの絵本が出版されました。
『ひっこしはバスにのって』です。

gamasan-hikkoshi.jpg


んん?
絵は素敵だけど、がまりんさんにしては少しおとなしめの……と思ったら、
そこにはちゃんと「うふふ」が用意されていました。
そういえば裏表紙には、……ふむふむなるほど。読んでのお楽しみなのですね。
ひっこしって、ほんとうに一大事、小さな子だって大人だって
ひと山もふた山も乗り越えることが多いものです。
今だからこそ読んでほしいですね。さて、あの大きなしょいこの中には他には何がいっぱい
つまっていたのかしら。
ぜひ手に取って、子供とじっくり味わっていただきたい絵本です。





関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。