ohajikinojikan|
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事

プロフィール

Nao Otsuka(お留守番は、菜子ちゃん)

  • Author:Nao Otsuka(お留守番は、菜子ちゃん)
  • 「大塚菜生」の筆名で児童書を出版しています。
    著書:『ぼくのわがまま電池』(岩崎書店:第13回福島正実記念SF童話賞大賞受賞作)、『弓を引く少年』『どんぐり銀行は森の中』(国土社)『東京駅をつくった男』(くもん出版)など、主に小学生向けのノンフィクションや物語、ノベライズ・キャラクター本を書いています。共著に平成うわさの怪談シリーズ(岩崎書店)など。


    ★メール★ご用件★は、「こちら」からお願いします。

    サイト
    http://itigo.xyz/index.php


    日本児童文学者協会FBの管理始めます。不具合ありましたら遠慮なくご一報ください。

リンク

月別アーカイブ

5月のラウンジ

2016.06.02 09:19|ラウンジ
 児童書 若冲 ぞうと出会った少年   黒田志保子 国土社 

絵の好きな忠兵衛は、京都の青物問屋に生まれ、青年時代は情熱を抱えたまま商いを引き継ぎます。そして四十になろうというある日、そこには忘れられないあの一瞬が待っていたのでした。忠兵衛は絵師若冲として歩き始めます。柔らかく美しい装画は井上朝美さん。


 テレホン童話 代役で大忙し!   境 俊人 凪野ここち 伊丹市立女性・児童センター 

小6のなほこちゃんは、怪我をしたお姉ちゃんの代役で、楽器店の面接に行こうとしましたが断られてしまいました。それでも、さらなる代役を買って出ようとします。テレホン童話ならではでしょうか。冒頭からとてもドキドキする展開でした。



5月のラウンジです。
ohajiki ラウンジでは、いただいた本や同人誌(CD)などを紹介しています。

4月のラウンジ

2016.05.05 11:17|ラウンジ
 児童書 旅のお供はしゃれこうべ   泉田もと 岩崎書店 

弱虫の惣一郎は、一代で古物商をきずいた厳格な父がとりわけ気がかりでした。ある絶望のふちで、しゃべるしゃれこうべと出会い、そこから奇想天外な旅が始まって……ティーンにも親しみやすい時代小説が誕生しました!(第14回 ジュニア冒険小説大賞受賞作)



4月のラウンジです。
ohajiki ラウンジでは、いただいた本や同人誌などを紹介しています。

山本祥子さんのサイトで

2016.03.17 14:16|お知らせ
新刊 『弓を引く少年』 国土社刊 を、画家の山本祥子さんのサイト(BLOG)で紹介してもらっています。
http://www.sachi-coll.net

山本さんの豊かな絵に囲まれているせいか、なんだか、遠くのほうから眺めているような不思議な気持ちになりました。そう、美術館で額装の絵を観るような感じです。

時代小説など広域でご活躍の山本さんの描写や色づかいに、すぐにひとめぼれして装画をお願いしたのでした。

ご紹介を、ごていねいに有難うございます。


12月のラウンジ

2016.01.24 20:05|ラウンジ
同人誌  あしべ 第6号   もりなつこ 他  日本児童文学者協会 鹿児島支部 鹿児島児童文学の会

「誌」としては4年ぶりの刊行だそうです。「おじいちゃんとカッパ石」(もりなつこ)は大きな別れに寄り添った佳作、手書きの詩の連作にも心惹かれました。


紙芝居  ゆきぐにからきたラッセルくん   高森千穂  童心社 

初めての大雪にラッセルくんがお助けにやってきます。ラッセルくんって、どんなはたらきをするのかな。「つぎは、うちにもきてね」ときっと子供たちも大喜びです。


12月のラウンジです。
ohajiki ラウンジでは、いただいた本や同人誌などを紹介しています。

菜子のつぶやき

2015.12.16 08:41|おはじきな日々
nako2.gifオオツカさんは……原稿…

書いてますよ
書いてます
書いてます!

このくらいフォローしておいたら、きっとお年玉くれるかな。わぁぁ楽しみ♪



リセットされた件について

2015.11.05 20:38|お知らせ
こちらの色々気になる箇所を修正しようと、設定の変更、テンプレートをいじっているうちに、
FBボタンの「いいね!」のカウンターがオールリセットされてしまいました。
皆様には反響をいただいていたのに、たいへん申し訳ございません。

(ついつい、色々試してみたくなる性分なので失敗も多いのです)

                                      大塚菜生 

10月のラウンジ

2015.11.04 18:44|ラウンジ
児童書 アサギをよぶ声 新たな旅立ち   森川成美  偕成社 

待望の続刊になる本作。アサギの女屋での経験は、新たな旅立ちの助けになるのか。あの「声」はアサギをいったい何処へ導くのでしょう。

児童書 おはなしの森 3   森くま堂 白矢三恵 うたかいずみ 他 神戸新聞総合出版センター 

神戸新聞に連載作品のショート集。3刊続くというのはすごいことです。短い読みきりなので、低学年の子も親しみやすく物語の世界に入れます。



10月のラウンジです。
ohajiki ラウンジでは、いただいた本や同人誌などを紹介しています。

菜子がそわそわしている理由

2015.11.04 18:40|おはじきな日々
nako22.gif はぁい、みなさん。ごぶさたしていました、このブログに住んでいる菜子さんです。
おかわりはありませんか?

なかなかわたしの出番がないので、楽屋でボーッとしているうちに、いつのまにかこのシーズン。
来月はもう12月なんておどろきですよね。

12月といえば……モモちゃん! kanri.gif   が主役ではなくて、

zou11.gif ……でもなくて、

zukinani.gif
…………
赤いところがおしいけど、キョドウフシン すぎるわ、あなた!

そう~~

santa.gif

このお方が大かつやくするはずなんです。
どうか、菜子のところにもきてくださいね、サンタさん。
(ねないで、ずーーーーーっと まっていますから)

みなさん、また、ラウンジにあそびにきてくださいね
nako22.gif

9月のラウンジ

2015.10.13 20:36|ラウンジ
絵本  はね   曹文軒/作 濱野京子/訳  マイティ ブック 

命題、ひとは「どこから来て、どこへ行くのか」迷子の子どもたちへの物語。魅惑の鮮やかな鳥たち。見開いたら”はばたく”という装丁もお洒落です。


9月のラウンジです。
ohajiki ラウンジでは、いただいた本や同人誌などを紹介しています。

7月8月のラウンジ

2015.08.30 09:33|おはじきな日々
7月8月のラウンジ記事はありません。