FC2ブログ
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事

プロフィール

Nao Otsuka(お留守番は、菜子ちゃん)

  • Author:Nao Otsuka(お留守番は、菜子ちゃん)
  • 「大塚菜生」の筆名で児童書を出版しています。
    著書:『ぼくのわがまま電池』(岩崎書店:第13回福島正実記念SF童話賞大賞受賞作)、『弓を引く少年』『どんぐり銀行は森の中』(国土社)『東京駅をつくった男』(くもん出版)など、主に小学生向けのノンフィクションや物語、ノベライズ・キャラクター本を書いています。共著に平成うわさの怪談シリーズ(岩崎書店)など。


    ★メール★ご用件★は、「こちら」からお願いします。

    サイト
    https://itigo.xyz/index.php

リンク

月別アーカイブ

11月12月のラウンジ

2018.11.03 18:38|ラウンジ

☆更新履歴
(7月13日追記)
(12月16日追記)
(12月8日追記)


児童書 星空の人形芝居   熊谷千世子 山本祥子 国土社 

家族の都合で都会から信州の飯田に越すことになった樹は、そこで六年生の新学期を迎えることも大きな抵抗もなく受け入れます。自然にめぐまれた飯田はお父さんのふるさとで、人形劇がさかんな田舎町でした。樹は最初、土地の人が”でこんぼ”と親しんでいるあやつり人形(今田人形)も、苦手でなじめませんでした。ところがお父さんと人形芝居を見に行った先で、お父さんが急に人形を動かしだしたのです。それも大人三人で一体の人形を動かして――
装画は時代ものでますます人気の山本祥子さん。りんご園の場面で信州の豊かな風が吹いていました。


児童書 マレスケの虹   森川成美 小峰書店 

1941年。マレ(希典)は、ハワイに住む日系二世で生まれたときからアメリカの国籍をもっています。地元の公立学校と日本語学校に通いながら、ハワイの風土や娯楽とともに日常を送っていましたが、日本軍がパールハーバーを攻撃してから、否応なく「日本人」として問いただされる日々が始まります――
終盤の、マレの兄 広樹がのこした「ひらがなで書いてあるのに、まるで英語そのままの文章」が目にありありと浮かび、強く胸が痛みました。カバー下のデザインと絵(湾の椰子の木)もぜひめくってみてほしいです。
 


======
森川成美さま、国土社さま、ご恵贈をありがとうございました。


☆コールサック社さまより、以下の詩集もいただいています。(12月8日追記)

・詩集  中村惠子詩集 『神楽坂の虹』
・詩集  コールサック 96号

いつもありがとうございます。あいまに詩も書き続けています。
勉強がてら、これからも拝読させていただきます。


☆☆9月のラウンジでご紹介しました「児童文学・21世紀を読む」についての追記情報です。

ご希望の方が(遠慮されているのかと思いますが)いらっしゃいませんでしたので、2冊のうち1冊は、子どもの文化研究所 赤とんぼさんに見本としてお渡しして、イベント内、会場アナウンスでご紹介をしていただきました。もう1冊は、10月28日の文学フリマ福岡で購入したいという方(とても熱心にご覧になって)がいらっしゃいましたので販売させていただきました。
なお、売上金につきましては研究会の方へお渡しする予定です。(お渡し済です)
10月のイベントでは、詩歌集をはじめ、本をたくさん買っていただきましてまことに有難うございました。


菜子のつぶやき

2018.10.19 07:18|菜子ちゃん
image__86__large.jpg



お留守番にあきてきた!


そろそろ菜子も
おけいこ、行っていい~?






***** illustration ニシノ ミサ

9月のラウンジ

2018.09.10 07:26|ラウンジ
☆更新履歴
(10月7日追記)
(9月18日追記)



研究誌 児童文学・21世紀を読む  児童文学評論研究会 
1975年6月の第1回の研究会から500回を記念して刊行されたそうです。年月でいえば40数年にわたる会とは、素晴らしいですね。収録作は、2001年から2015年までに出版された日本の創作児童文学作から、評論者にとって「これぞ」というものが、試行錯誤のうえに紹介されています。
業界では、優れた評論者不足も感じていますので、このような会自体がもっと活発&バラエティ豊かにあればいいな…と思います。



絵本 おはなしチャイルド おにたくんの おにぎり  さく・え はしもとえつよ チャイルド本社 
鬼の家族が人間の町へお引越しをしてきました。という最初のページから「なになに、それで?」とひきこまれるストーリーです。
雲の上では人気だった「おにぎりやさん」ですが、さて、人間界ではうまくいくのでしょうか。
おにたくんと頼もしいおとうさんのやりとりが、とても微笑ましくて「おとうさん、がんばれえ!」と応援したくなります。(本文は全部ひらがなです)
 
======
河野孝之さま、はしもとえつよさま、ご恵贈をありがとうございました。

☆「児童文学・21世紀を読む」は、我妻智恵美さまからもいただきました。ありがとうございました。
2冊同じものをもっていますので、ご希望の方にはお分けします。
声をかけてください。(9月18日追記)
http://itigo.xyz/index.php/contact/index

☆☆我妻さま、追伸をありがとうございます。今後の児童書関連のイベント等で「見本」として置いていただきます。
もし注文がありましたら、よろしくお願い申し上げます。(10月7日追記)


10月のイベント

2018.09.03 17:20|イベント・サイン会 情報
☆更新履歴
(10月6日追記)



 子どもの文化研究所 赤とんぼ30周年& 絵本『ざっそう~weeds』出版の集い  2018年10月13日~15日


おはじきイベント おはじきイベント

出演予定の作家&絵本作家さんご紹介(登壇順)

13日に やべみつのりさん 松居友さん 吉澤みかさん 黒田征太郎さん スズキコージさん
14日に 黒田征太郎さん やべみつのりさん きむらゆういちさん 吉澤みかさん 松居友さん
15日に ロアルド・ホフマンさん アーサー・ビナードさん きむらゆういちさん 

なお、郷土歴史学者の観世広さんは、こちらでも紹介の「太宰府だより」(観世書房)を刊行されている方です。




 第四回 #文学フリマ福岡 開催   2018年10月28日(日) 11:00〜16:00 天神ビル 11F 10号会議室

https://bunfree.net/

おはじきイベント おはじきイベント



サークル名 「おはじきのじかん」 で出店します。
◆ブース位置 いー03 ◆カテゴリ 小説|児童文学・絵本   

フリマ用
( ブース illustration 大塚菜生)



新刊の詩歌集、既刊本を(在庫僅少のキャラクター本については数部のみ)フリマ割引にて販売します。
そのほか、樋口ゆう子さん作 一点ものアニマルプラバンブローチ※(通常は太宰府天満宮近くの雑貨店 enさん のみで販売)
ニシノミサさんのゴーフレット絵本(フランス語の詩入り おまけつき)を販売予定です。
※樋口ゆう子さんのプラバンブローチ製作過程は、インスタグラム @higuchi.yuko でご覧になれます。
※※手づくり品、フリマ用販売品については、十数点という限りがありますので、売り切れの際は早めに閉店します。ご了承願います。




スキャンしたら、折れ線がめだってごめんなさい。スマートフォン用に対応しました。
パソからは、クリックすると大きくみえます。


======
こちらに掲載のイベントは、大塚菜生本人が参加予定、または、いつもお世話になっている方々が主催後援の場合で広報したいときに掲載していきます。
今後も「〇月のイベント」のタイトルでお知らせしてまいります。詳細のない分に関しましては後日追加されます。



8月のラウンジ (ごぶさたしてました!)

2018.08.17 06:44|ラウンジ

紙芝居 よるのせいそうしゃ スイーパーくん  高森千穂 ミノオカ・リョウスケ  童心社 
道路をきれいにしている車、スイーパーくんは、ふだん、どんな風に仕事をしているのでしょうか。
男の子がスイーパーくんをめずらしがって「うごいているところを みてみたいな。」と思いますが、スイーパーくん、夜中に働く車なんです。いっしょに働く、先行車、ダンプカー、散水車とともに、みんな夜の仲間なんです……
仲間と活躍しているところを、「あのこに みせてあげたいな」という、スイーパーくんの気持ち、男の子に届くでしょうか。







======

※当「おはじきのじかん」は児童書関連の書籍のご紹介が主になりますが、本や関連作品は他ジャンルからもいただいています。
以下に列記して、お礼と代えさせてもらいます。ありがとうございました。




・テレホン童話 真夜中の会議(CD) 境 俊人 凪野ここち 伊丹市立女性・児童センター


・季刊 「太宰府だより Vol.4」「太宰府だより Vol.5」「太宰府だより Vol.7」 観世書房
※「Vol.6」を入手できていません。在庫がどこかにありましたら教えてください。近郊書店では時遅し…でした。


・小説 『痛みの音階、癒しの色あい』 佐相憲一 コールサック社
詩集 『沖縄詩歌集~琉球・奄美の風~』 コールサック社 鈴木比佐雄 編ほか
・季刊 『コールサック 94号』 コールサック社
・詩集 『神原良 詩集 星の駅』 コールサック社
・詩集 『春の雨音』 矢城道子 コールサック社
※『沖縄詩歌集』と『コールサック 94号』には、大塚菜生名で作品を寄せていただいています。



あと、高名な故人の詩集(古書)を有難くもおゆずりいただきました。少しずつ読み進めています。

ほかに、詩の集会のご案内をいただいたりしております。いまのところは、自分のなかにあるものを書き写していく作業(習作)で手一杯で、なかなか気がまわらずに申し訳ありません。
お誘いにはいつもとても感謝しております。

なお、児童書の新刊については、日本児童文学者協会所属の情報ネットワーク部のほうでもいつでも受け付けています。
協会員に限りますが、6か月以内の児童書について、公式ページとツイッターで紹介しています。
(!遠慮などいりません!)
貴重な一冊を、わたしに、と送ってくださるのは大変嬉しいのですが、そちらのほうが「広報」としても大きいと思いますので、刊行の際は、ぜひ、お気にとめておいてください。





寒い日は

2018.02.12 05:37|菜子ちゃん
image__86__large.jpg


寒い日は
おうちで読書がいちばんね

ふむふむ
  きらきら
ごろにゃ~~ん



***** illustration ニシノ ミサ

12月のラウンジ

2017.12.08 07:29|ラウンジ
児童書 となりの猫又 ジュリ  金治直美 はしもとえつよ  国土社 
(最初にあやまっておくのですが、読了してまもなく身近な子供におゆずりしてしまいました。面白かったのに、再読しないとちゃんとした紹介が書けません…)
ジュリは、くねくね踊るような二本のしっぽをもつ妖力のある猫(猫又)です。なにかと災難にみまわれるコーギー犬チャルくんが、見つけたり、おぶさったり、慈しんだりの魂を、いっしょにすくってくれる頼もしい存在になっていきます。でも、そのジュリにもなにか深い秘密があるようです……
温かさと切なさとが入り混じったようなストーリーに、はしもとえつよさんの絵がぴったりです。


同人誌 明治維新 って何(なん)け?  「あしべ」8号  かごしま児童文学「あしべ」同人 
あしべ8号は、これまでの創作誌形態を振り切ったものになりました。今出さねば! という気迫が伝わってきます。けれども気負いすぎることなく、今を生きる子供たちへ、わかりやすく伝えたいというのを基本にしています。全漢字にはひらがなをふり、小難しくなりがちな維新を、薩摩ならではの視点からつづっています。イラストや地図もふんだんに差し込んであります。留学ひとつ自由ではない時代の留学生名簿は、とくに貴重な資料になると思いました。

余談になりますが、小学生のころ「偉人偉人」と云われると、とてもうさん臭さを感じていた大塚です(漢字の読みにめっぽう弱かった腹いせもあるのでしょう) そんなわたしもぐいぐい楽しく読ませていただきました。


児童書 笑顔のまほう  小林典子  文芸社 
みるちゃんとレイくんは、もともと、遠い宇宙の果てで生まれたひとつの魂でした。願いをかなえるため一旦は別れて、地球へやってきたのですが、みるちゃんはそのことをすっかり忘れていました。そこでレイくんは、みるちゃんの地球での「あたりまえ」を変えていくことにしました。みるちゃんはレイくんの光で自分の役目を思い出すのです――
作者の小林典子さんは、ご自身の心のあり方について20年間悩み、独自で学び続けられてきました。この物語も典子さんしか書けないかけがえのないものですよね。愛情のこもったイラストもぜひ多くの方のもとへ届きますように。

=============
小林家さま、もりなつこさま、国土社編集長さま、はしもとえつよさま ご恵贈ありがとうございました。




かぜに気をつけてね!

2017.11.26 08:59|菜子ちゃん
image__86__large.jpg


オーツカさん、あまり得意じゃない時間がかかるお仕事が終わって
めちゃくちゃ、ホッとしているみたい。

スイッチが切りかわったのか、新作、つぎつぎに書いているみたいですよ。
それなりに~~

また近いうちに、菜子もカードで皆さんのおうちへ遊びにいくかも?  まっててね♪

かぜに気をつけてね。




***** illustration ニシノ ミサ

11月のラウンジ

2017.11.26 07:38|ラウンジ
 同人誌 ふろむ 第10号   発行者 ふろむ(代表者 鳥野美知子)

2015年4月発行。



=============
田中良子さま、ご恵贈をありがとうございました。

新規の方へ あらためまして

2017.07.30 01:30|お知らせ
          own.gif


ラウンジでは、いただいた児童書関連の本をご紹介しています。
作品は必ず読ませていただいて、内容や感想をコメントさせてもらっています。
それまでのタイムラグがありますので、先に書名をアップして、なるべく広く知っていただければと思っています。

なお、あらためましてのお断りになりますが、おはじきブログでは、いただいた児童書以外の紹介は、不公平をなくすためにいたしておりません。
また、過去発行をしていたメールマガジン※等で、紹介がご迷惑になった(という著者さまからの反応があり、冷や汗をかきました)件もありまして、こちらではその判断がどうしてもつきにくいからです。
ですので、いただいた児童書関係の御本のみのご紹介とさせていただいています。

このとおり、いまはマイペースで地味に活動を続けておりますが、ときどきは、出版社さまや図書館関係(司書さま)の方が見にきてくださっているそうなので(とても嬉しいです。有難うございます)、今後もぼちぼちと続けていきたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

                                                            ***** &illustration 大塚菜生


(なお、メールマガジンはバックナンバーのみ残しておりますので、絵本・児童書好きな方はどうぞお立ちよりくださいませ。
いまでもけっこう参考になる記事があるかと思います。リンク切れは修正していませんので記事のみの観覧でお願いします。>>
 こどもの本はおもしろいぞっ  http://www.geocities.co.jp/doujinjp/ )